FILMS

上映作品
『十年 Ten Years Japan』Ten Years Japan

日本の新鋭監督5名が10年後を描く 是枝監督総合監修の国際プロジェクト

日本初上映
ゲストあり
ENGLISH

『十年 Ten Years Japan』

© 2018 “Ten Years Japan” Film Partners 2018年11月3日(土)より、テアトル新宿、シネ・リーブル梅田ほか全国順次公開
上映スケジュール
作品情報
監 督早川千絵、木下雄介、津野愛、藤村明世、石川慶
出 演杉咲花、太賀、川口覚、池脇千鶴、國村隼
制作国日本
制作年2018
時 間99min
言 語日本語
字 幕英語
配給フリーストーン
あらすじ

家族の個人データをデジタル遺産として受け継いだ家族の物語『DATA』(津野愛監督)、AI知能で道徳を刷り込まれた特殊学区の子ども達を描く『いたずら同盟』(木下雄介監督)、自衛隊徴兵制が義務化された日本で徴兵告知キャンペーンを請け負う広告マンを描いた『美しい国』(石川慶監督)、75歳以上の高齢者に安楽死を推奨する未来版“姥捨て”を描く『PLAN75』(早川千絵監督)、大気汚染によって地下移住を強いられた母娘を描いた『その空気は見えない』(藤村明世監督)。5つの物語から成るオムニバス映画。

みどころ

香港で社会現象となったオムニバス映画『十年』を元に、日本・タイ・台湾それぞれで、自国の現在・未来への多様な問題意識を出発点に、各国約5名の新鋭映像作家が独自の目線で10年後の社会、人間を描く国際共同プロジェクト「十年Ten Years International Project 」の日本版。日本版・エグゼプティブプロデューサーは、最新作『万引き家族』がカンヌでパルム・ドールを受賞した是枝裕和監督が務め、國村隼・杉咲花・池脇千鶴など日本映画界きっての実力派俳優たちが集結した。若手監督それぞれが見つめる日本の“今の未来”とは。

監督情報
木下雄介

1981年7月31日生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。大学在学中に監督・脚本・撮影・編集した『鳥籠』が2003年ぴあフィルムフェスティバルにて準グランプリと観客賞を受賞。PFFスカラシップによる初の長編監督作『水の花』が2006年ベルリン国際映画祭に選出。2013年短編映画『NOTHING UNUSUAL』を発表。現在開発中の長編映画企画『Synchronicity』(仮題)がTALENTS TOKYO(東京フィルメックス)にてスペシャルメンション授与。

HISTORICA SPECIAL

ヒストリカ・スペシャル

HISTORICA WORLD

ヒストリカ・ワールド

HISTORICA FOCUS

ヒストリカ・フォーカス

HISTORICA DECADE

ヒストリカ・ディケイド

VENICE INTERNATIONAL
FILM FESTIVAL

ヴェネチア国際映画祭提携企画

10th HISTORICA SPECIAL SCREENING

連携企画<明治150年事業・京都府デジタルリマスター人材育成事業>

10th HISTORICA SPECIAL SCREENING

京都映画三巨匠生誕120年記念上映−内田吐夢・溝口健二・伊藤大輔

KYOTO FILMMAKERS LAB
-COME BACK SALMON PROJECT-

連携企画<京都フィルムメーカーズラボ>
ページの先頭へ