FILMS

上映作品
『ひばり・チエミの弥次喜多道中』Travels of Hibari And Chiemi

日本にも映画が王様の時代があった! 時代劇ミュージカルコメディの傑作

ラブロマンス/Love Romance コメディ/Comedy
35mm
ENGLISH
ゲストあり

『ひばり・チエミの弥次喜多道中』

(C)東映
上映スケジュール
作品情報
監 督沢島忠
出 演美空ひばり、江利チエミ、東千代之介
制作国日本
制作年1962
時 間85min
言 語日本語
字 幕英語
配給東映
あらすじ

近眼のお君(美空ひばり)あわてん坊のおとし(江利チエミ)は芝居小屋の下足番。芝居は大好きだが下駄と草履は飽き飽きだ。そこに舞い込んだ乞食坊主の法界坊(東千代之介)は麻薬密売を追う潜入捜査中の南町与力だった。まとめて一網打尽にされてしまったお君たち、奉行所からの金一封を懐に東海道を弥次喜多道中と決めこんで――。

みどころ

麻薬密売の摘発と恋の鞘当てという大筋はあるものの、ここでは賑やかで破茶滅茶なアイデアが常に優先される。茶店では酒に祭り、坂道には柿、早駕籠は客も走り、隙あらば歌に踊り。ひばり・チエミがいたら映画なんてどうとでも作れる安心感が満ち溢れている。映画が王様の国がここにある。時代劇ミュージカルコメディの到達点。

監督情報
沢島忠

1950年東横映画(東映の前身)入社、助監督としてマキノ雅弘・渡辺邦男・松田定次らの作品を担当。57年『忍術御前試合』で監督デビュー。以後、年に4・5本のハイペースで監督し全盛期の東映時代劇を牽引した。ミュージカル・コメディ・サスペンスのジャンルを時代劇に導入し、詰め込んだ物語を現代言葉でまくし立てるストーリーテリングは沢島以前の時代劇をスピード感で圧倒した。美空ひばり・中村錦之助らの絶頂を演出し日本映画全盛期のゴージャスな面白さを代表するエンタメ監督である。今回はジャンルを横溢する時代劇の魅力を世界に問う貴重な上映となる。2018年1月27日91歳で死去。最後まで新作映画への夢を失わなかった。

HISTORICA SPECIAL

ヒストリカ・スペシャル

HISTORICA WORLD

ヒストリカ・ワールド

HISTORICA FOCUS

ヒストリカ・フォーカス

HISTORICA DECADE

ヒストリカ・ディケイド

VENICE INTERNATIONAL
FILM FESTIVAL

ヴェネチア国際映画祭提携企画

10th HISTORICA SPECIAL SCREENING

連携企画<明治150年事業・京都府デジタルリマスター人材育成事業>

10th HISTORICA SPECIAL SCREENING

京都映画三巨匠生誕120年記念上映−内田吐夢・溝口健二・伊藤大輔

KYOTO FILMMAKERS LAB
-COME BACK SALMON PROJECT-

連携企画<京都フィルムメーカーズラボ>
ページの先頭へ