FILMS

上映作品
『白馬城の花嫁』Bride of White Castle

夢みる美空ひばりが若さまの嫁探しから 映画までを引き摺り回すミュージカルコメディ

ラブロマンス/Love Romance コメディ/Comedy
35mm
ENGLISH
ゲストあり

『白馬城の花嫁』

(C)東映
上映スケジュール
作品情報
監 督沢島忠
出 演美空ひばり、鶴田浩二、高田浩吉
制作国日本
制作年1961
時 間85min
言 語日本語
字 幕英語
配給東映
あらすじ

白馬城が見える貧しい村で暮らす機織り娘のお君(美空ひばり)は、若殿さまの花嫁探しの昔話を信じ夢みていた。そこにハンサムな霧太郎(鶴田浩二)が舞い込んだ。お君は姿を偽った若殿さまと信じるが、本当は殿様小僧という泥棒で挟み箱の小判を盗みに来たところだった。霧太郎の甘言に操られ、若殿のためと千両を持ってきてしまうお君を霧太郎一行は江戸へと連れて行くが、道中助けたチンピラに千両を盗られてしまう。

みどころ

ハンサムな泥棒と夢みる少女の恋物語をミュージカルコメディとして描き時代劇の幅を拡げることに成功した。ひばりの歌を折々に配し、映画の楽しさを満喫させてくれる。ファンタジーとして許される奥行きは欠くもののシンボリックな美術と、石床から二階まで緻密に作られた酒場セットの対比にはチーム沢島の密度を感じさせる。

監督情報
沢島忠

1950年東横映画(東映の前身)入社、助監督としてマキノ雅弘・渡辺邦男・松田定次らの作品を担当。57年『忍術御前試合』で監督デビュー。以後、年に4・5本のハイペースで監督し全盛期の東映時代劇を牽引した。ミュージカル・コメディ・サスペンスのジャンルを時代劇に導入し、詰め込んだ物語を現代言葉でまくし立てるストーリーテリングは沢島以前の時代劇をスピード感で圧倒した。美空ひばり・中村錦之助らの絶頂を演出し日本映画全盛期のゴージャスな面白さを代表するエンタメ監督である。今回はジャンルを横溢する時代劇の魅力を世界に問う貴重な上映となる。2018年1月27日91歳で死去。最後まで新作映画への夢を失わなかった。

HISTORICA SPECIAL

ヒストリカ・スペシャル

HISTORICA WORLD

ヒストリカ・ワールド

HISTORICA FOCUS

ヒストリカ・フォーカス

HISTORICA DECADE

ヒストリカ・ディケイド

VENICE INTERNATIONAL
FILM FESTIVAL

ヴェネチア国際映画祭提携企画

10th HISTORICA SPECIAL SCREENING

連携企画<明治150年事業・京都府デジタルリマスター人材育成事業>

10th HISTORICA SPECIAL SCREENING

京都映画三巨匠生誕120年記念上映−内田吐夢・溝口健二・伊藤大輔

KYOTO FILMMAKERS LAB
-COME BACK SALMON PROJECT-

連携企画<京都フィルムメーカーズラボ>
ページの先頭へ