特集上映
『発禁本-SADE』
12/6(木)18:20-
※上映後ミニトーク  ゲスト:廣瀬純
© Photos Catherine Cabrol

フランス|2000|100分|R15+
英題:SADE
監督:ブノワ・ジャコー
出演:ダニエル・オートゥイユ、ジャンヌ・バリバール、イジルド・ル・べスコ
言語:フランス語
字幕:日本語

【作品解説】

「サディズム」の語源でもあるスキャンダラスな作家マルキ・ド・サドを、フランス映画界を代表する名優ダニエル・オートゥイユが演じる、禁断の官能ドラマ!

1794年のフランス。人生の大半を牢獄の中で暮らしてきサド侯爵は、パリの刑務所から郊外の囚人療養所ピクピュスに移送される。愛人サンシーブルの尽力により、恐怖政治の影から逃れたサド侯爵は、そこで無垢な16歳の伯爵令嬢エミリーに出会う。彼女はサド公爵との接触を禁じられていたにもかかわらず、サドによって書かれた禁断の発禁本を読み、性の喜びを知りたいと切望する。サド侯爵は処女の彼女を自分の思うままに調教し、手解きを始め…。