セレクション上映
『神弓 -KAMIYUMI-』
12/4(火)18:00-・12/9(日)16:30-
※12/4(火)上映後ミニトーク  ゲスト:ミルクマン斉藤
© 2011 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved

韓国|2011|122分|PG12
英題:War of the Arrows
監督:キム・ハンミン
出演:パク・ヘイル、ムン・チェウォン、リュ・スンリョン
配給:ショウゲート
言語:韓国語
字幕:日本語

【作品解説】

2011年、韓国で747万人を動員したNo.1ヒット作!
予測不能に飛ぶ<神弓>による歴史アクション大作!

幼いころに国家反逆罪で捕えられた父を、目の前で殺された兄妹ナミとジャイン。なんとか追っ手から逃れた二人は、父の友人キムにかくまわれひっそりと逃亡生活を送っていた。兄ナミが生きているたったひとつの理由は、妹ジャインを守れという、処刑された父親の最後の願いを全うすることだった。
13年の月日が流れ、ふたりを育てたキムの息子ソグンがジャインに結婚を申し込む。ナミは妹がついに幸せをつかむことを確信し、町を去る。だが、結婚式当日、彼らの村が清の軍隊に攻撃され、花嫁ジャインと花婿ソグンは捕虜となり、ほかの村人たちとともに連れ去られてしまう。ナミは父の形見である家宝の<神弓>をつかみ、妹を救け出すため追跡の旅に出る。優れた曲射の技術で、ナミは清の優秀な兵士たちをひとりずつ殺し、敵陣の心臓部へと近づいていく。清国のエリート部隊の猛将ジュシンタは、すぐにナミの並外れた弓の腕に気づく。なぜならば、ジュシンタもまた弓の名手だったのだ。自らが仕える王子トルゴンと部下たちを守るため、ナミを執拗に追跡する。 弓の発射位置の特定を不可能にさせる不規則な曲線を描いて放たれるナミの弓。そして徹底した破壊力をもつジュシンタのホーンボウ(長弓)。互いに自らが最も大切にするものを守るため、運命をかけた史上最大の弓戦争が始まった。偉大なる戦いのなかでふたりの直接対決が刻々と迫ろうとしていた─