ダブル・オープニング上映
『マリー・アントワネットに別れをつげて』
12/1(土)15:00-
※上映後トークショー ゲスト:ブノワ・ジャコー監督、司会:大寺 眞輔
2012年12月15日(土)京都シネマ他全国順次ロードショー © 2012 GMT PRODUCTIONS -- LES FILMS DU LENDEMAIN -- MORENA FILMS - FRANCE 3 CINEMA -- EURO MEDIA FRANCE -- INVEST IMAGE

フランス、スペイン|2012|100分|PG12
英題:Farewell, My Queen 監督:ブノワ・ジャコー
出演:レア・セドゥ、ダイアン・クルーガー、ヴィルジニー・ルドワイヤン
配給:ギャガ
言語:フランス語
字幕:日本語

【作品解説】

200年以上経った今でも、その魅力が色褪せないフランス王妃マリー・アントワネット。彼女の伝説は、小説や映画など様々に伝えられてきたが、ここに過去の作品群とは全く違う新たな物語が誕生した。主演は、「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」「ミッドナイト・イン・パリ」で存在感をみせつけたレア・セドゥ。マリー・アントワネット役には、『イングロリアス・バスターズ』のダイアン・クルーガー、ポリニャック夫人役には「8人の女たち」のヴィルジニー・ルドワイヤン。そして、「イザベル・アジャーニの惑い」「トスカ」で知られるフランス映画の重鎮、ブノワ・ジャコーが監督を務める。

1789年7月14日、優雅な朝を迎えたはずのベルサイユが、1枚の紙に震える。バスティーユが陥落し、王妃とその寵愛を受けるポリニャック夫人の名前も載った286名のギロチンリストが発表されたのだ。「ずっとおそばに。」朗読係のシドニーは心酔する王妃への忠誠を誓うが、王妃からは思いもよらぬ頼みを命ぜられる。「いいえ、あなたは私の大切な人、ポリニャック夫人の身代わりに。」身を引き裂く嫉妬、生命の危険──果たして、シドニーの運命は──?