京都ヒストリカ国際映画祭
  • ニュース
  • 開催概要
  • 上映作品(HISTORICA SCREENING)
  • ゲスト
  • 太秦戦国祭り
  • KYOTO FILMMAKERS LAB
  • 京都映画・映像企画市
  • スケジュール
  • チケット
  • アクセス

プレヒストリカは盛況のうちに終了致しました!
2011.10.31

10月29、30日と京都シネマで開催された、プレヒストリカ
両日共に、多くの方々にご来場頂き、盛況のうちに終了致しました!

次はいよいよ本祭!
皆さま是非、お誘い合わせの上ご来場下さい!

チケット:http://historica-kyoto.com/?page_id=18
スケジュール:http://historica-kyoto.com/?page_id=16

【速報】プレヒストリカ、大盛況開催中!
2011.10.29

本日、京都シネマで開催しておりますプレヒストリカ、ほぼ満席となっております!
皆さまご来場ありがとうございます!

明日10月30日も10:00から京都シネマにて『王の男』の上映を致します。

本日来られなかった方、是非お越しください!

プレヒストリカ:http://historica-kyoto.com/?page_id=907

スケジュール&アクセスを公開しました!
2011.10.26

大変お待たせしました!

京都ヒストリカ国際映画祭の全体スケジュールと各会場へのアクセス情報を公開しました!

皆さまご確認下さい!

スケジュール:http://historica-kyoto.com/?page_id=16

アクセス:http://historica-kyoto.com/?page_id=20

ボランティアスタッフ募集中!
2011.10.25

Kyoto HISTORICA International Film Festivalではボランティアスタッフを募集しています。興味がある方は、下記ページより必要事項を記入の上、申し込み下さい。沢山のご協力、お待ちしております!


詳細はこちらからどうぞ


★★★★★★★★★★★募集概要★★★★★★★★★★★★


【仕事内容】
太秦戦国祭り、HISTORICA SCREENINGSにおける、受付、
コスプレ管理スタッフ、ステージ運営スタッフ、誘導等


【日 時】
11月26日(土) 8:00~21:00 
11月27日(日) 8:00~20:00
※両日参加・片日参加可!


【場 所】
太秦戦国祭り・・・東映太秦映画村
HISTORICASCREENINGS・・・東映株式会社京都撮影所、株式会社松竹撮影所

※シフトなどの関係で会場までの誘導など映画村外でのボランティアを
お願いする事がございます、あらかじめご了承ください。




Historica Screenings 招待券プレゼント!
2011.10.19

明日、10月20日の朝7時頃から、KBSラジオの「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」にてKHIFFが紹介されます!

視聴者プレゼントとして、抽選で2枚組10名様にHistorica Screeningsの招待券をプレゼントします!

皆さま是非ご視聴下さい!

KBS京都 笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ:http://www.kbs-kyoto.co.jp/radio/hokahoka/

昨年開催されたクリエーターズサミット①の模様を掲載しました!
2011.10.18


クリエーターズ・サミット①ではアクションレキシゲキの製作経験を持つ映画人を集め、VFXが可能にした映像表現と太秦の時代劇に代表される殺陣・アクション技術の今後について語り合われました!是非ご覧ください。


<登壇者>

チェ・ヨンファン(『チョン・ウチ』撮影監督)

ホ・ミョンヘン(『チョン・ウチ』撮影監督)

イ・ジュイック(『ウォリアーズ・ウェイ』プロデューサー)


モデレーター

米田武朗(東映京都撮影所 エディター)



→こちらからご覧ください

ゲスト情報を公開しました!
2011.10.11

特別ゲストに韓国の時代劇映画の巨匠イ・ジュンイク監督が決定しました。イ監督は『王の男』で総観客1230万人を動員し、韓国映画界の歴史を新しく塗り替えた記録の持ち主であり、本国では時代劇専門監督とも呼ばれています。

詳細はこちらから

ローソンチケットで本日より前売券の発売開始!
2011.10.10

ローソンチケットにて、本日より前売り券の発売を開始しました!
購入方法、各プログラムの詳細についてはこちらからご覧ください。

上映作品(Historica Screenings)を公開しました!
2011.10.04

特別ゲストに韓国の時代劇映画の巨匠イ・ジュンイク監督が決定しました。イ監督は『王の男』で総観客1230万人を動員し、韓国映画界の歴史を新しく塗り替えた記録の持ち主であり、本国では時代劇専門監督とも呼ばれています。彼の最新作『バトルフィールド・ヒーローズ ― 平壌城』と『ブレイズ・オブ・ブラッド ― 雲を抜けた月のように』を含む、世界各国のレキシゲキ6作品のジャパン・プレミア上映も確定しています。皆さま是非お越しください!

詳細はこちらから

京都映画・映像企画市の開催概要を公開しました!
2011.10.03

一般公募した作品企画について、公開にてプレゼンテーションを行い、業界の一線で活躍する監督やプロデューサー、関係者からの評価を受けます。プレゼンテーション参加企画より、優秀企画2企画(予定)を選定し、パイロット版映像を制作します。

詳細はこちらから

 

【過去の記事一覧】